タオルのカビ取り法

タオルのカビの原因

カビ,タオル,カビ取り,衣類,黒カビ,除去,手入れ,防止,対処,洗濯槽

 

タオルがカビる、洗濯しているのにどうして?

 

タオルのカビを見つけたら、手早くカビを落として手入れすることが大切です。

 

タオルは毎日使用するものですからカビ予防も大切ですよ。

 

タオルをカビさせないためには、きちんとタオルを乾燥させること。毎日洗わないときでもタオル掛けにかけて乾燥させておけば防止できます。できれば重ねず広げておきたい。

 

濡れたままのタオルを脱衣所にのかごや、洗濯機の中に入れておいて次の日の朝に洗濯をする、という人がほとんどではないでしょうか。

 

カビの胞子は空気中に漂っているわけで、温度、湿度、酸素、栄養がそろえば、容赦なく広がってしまうのです。

 

濡れたままのタオルを、それも湿気の多い脱衣所で放置されればカビの発生となってしまいますし、洗濯機の中がカビているかもしれないので、定期的に掃除をしておきたいものです。

 

また衣類はカビが生えると繊維が傷んでしまうので、その後着ているうちに破れてしまうことがあるので早いうちに除去しておきたいものです。

 


タオルカビの対処法

タオルのカビは濡れたタオルと他の衣類を一緒にしておくと、他のものもカビてしまうので別々のカゴにいれておきましょう。

 

臭いが気になるという人もいますね、タオルの匂いというのは、洗濯した時についてしまう場合とタオルを毎日洗わないで生乾きのままに
してできる場合がありますよね。

 

できれば毎日洗濯したいものですが、バスタオルだと2日に1度の洗濯、という人も多いみたいです。1度使用したタオルは生乾きではなくて、脱衣所に扇風機をかけたりして必ず乾かすようにしましょう。におい防止とともにカビ防止にもつながります。

 

衣類やタオルのカビは、でき始めのものであれば、何回か洗濯を繰り返していれば除去できます。 タオルカビに気づいたらまず日に当てて乾燥、殺菌します。濡れた布で拭くとカビが広がってしまうのでやめてください。日に当てた後にブラシでカビを払い落とし、台所用洗剤を薄めた液に半日つけ置きしておきます。

 

もしこれでもカビ落としができてないなら 色柄物での使用できる酸素系の漂白剤を使います。洗剤と一緒に入れると洗浄力、除菌効果もあります。

 

    洗濯物のにおい 原因は?取り方は?