洗濯物のにおい 取り方

洗濯物のにおい原因と対策

濯物,におい,臭い,干し方,室内干し,カビ,原因,気になる,取り方

 

洗濯物のにおいについて調べてみました。嫌な臭いがついてることがありませんか?

 

これには原因があるようで、まず綺麗に汚れがおちていない、洗濯層が汚れている、干し方に問題がある、ということでした。
臭いを防ぐ方法や干し方を説明します。

 

 

においが気になるからと市販されている消臭用のスプレーをふりまけば、こんどはスプレーの臭いが気になったりもします。洗濯物のにおいを防ぐためには、

 

1、洗濯前には、洗濯物の汚れを点検して気になるところは部分洗いをしてきちんと落としておく

 

2、洗濯層の汚れについては、専用の洗剤を定期的に使用する

 

面倒でも、こういったひと手間が大切なんですね。

 

 

そして干し方ですが、

 

家の外に干せば外の異臭が染み付き、梅雨の雨の日に家の中で室内干しすれば生乾き臭かったりします。

 

気になる洗濯物のにおいってこれが一番の原因ではないでしょうか。室内干しをするときは、室内用洗剤を使って洗濯すれば、においはかなり抑えられるようです。

 

 

洗濯物のにおいを防ぐためには裏技があるんですよ。

 

洗剤で洗う前に重曹で下洗いをしておけば、臭いや汚れがよく落ちるようです。またすすぎをするときに酢を大さじ2ほど入れると殺菌効果や消臭効果がありまた柔軟効果もあってふわりと柔らかくなるので試してみてください。

 

そして、洗濯するときに良いにおいをつけてあげることです。レモンやグレープフルーツとか爽やかな香り、好みの香りで洗ってみましょう。精油だと殺菌効果もあるし香りの種類も豊富です。

 

洗濯するときにお風呂の残り湯を使用するのは夏場などは避けたほうがいいでしょう。特にすすぎには使わないようにします。雑菌の繁殖がカビやにおいの元となるからです。