水道蛇口の水漏れ修理

水道蛇口の水漏れ修理の方法

水道蛇口,水漏れ,修理,自分,方法,交換,パッキン,直し方,原因

 

水道蛇口の水漏れに気づいたら早めの修理が必要です。少量に見えてもかなりの水を無駄にしているかもしれませんよ!

 

水道蛇口の水漏れの原因は、ほとんどがパッキン類の磨耗か老化によるものですから、自分でパッキンを交換して修理しましょう。

 

まずは水道蛇口の水漏れ修理に使う道具が必要ですからチェックしてみてください。

 

プラス、マイナスのドライバー。ハンドル下にあるネジを回すウオーターポンプライヤーか、モンキーレンチが必要です。

 

このとき口がギザギザの部分で傷をつけないように当て布も用意しておくとよいでしょう。もちろん交換用のパッキンが必要ですよ。種類がもしわからないなら、取り外した後、古いパッキンを持って買いに走りましょう!

 

水道蛇口の水漏れ場所を確認してください。ハンドルを硬く閉めてみてもポタポタと水が止まらない場合は、水道の水道蛇口の先端からの水漏れ修理となります。

 

水道の元栓を閉めて始める
  ↓
ハンドルの上部についているキャップを外して中のネジをプラスドライバーを使って外す
  ↓
ハンドルを引き抜いて、ハンドル下にあるネジをウオーターポンプライヤーを使って外す。傷にならないよう当て布を当ててから挟みます。
  ↓
三角パッキンのついた栓を手で回して取り外して下側についたコマパッキンを交換する

 

水を出しているとき、水道蛇口のつけ根から水漏れがある場合の修理の方法は、パイプパッキンの交換となります。

 

水道の元栓は閉めなくてもかまいません。蛇口パイプのつけ根をウオーターポンプライヤーで緩めてはずしパイプを外し、古くなったパイプパッキンを取り出して交換してあげましょう。

 

このように水道蛇口の水漏れ修理は簡単な直し方できますので、高い修理屋さんを呼ぶ前にまず自分でやってみましょう。またせっかくですから蛇口の水漏れ修理をしたついでに、節水コマなどに交換してみれば意外と効果があるようですよ。

 

水道の蛇口だけでなくお風呂のシャワーのヘッドも簡単に交換できます。節水タイプもマッサージ効果のシャワーなどヘッドは市販されているので試してみてはいかがでしょう。