鉢植えの植替え

鉢植え植替えの時期

鉢植え,植替え,植物,時期,方法,花,土,ガーデニング,育て方,観葉植物

 

鉢植えの植替えはなぜ必要なのでしょうか。観葉植物や鉢花は、通販でも人気で記念日にプレゼントにして贈ることも多くなっています。

 

水遣りだけで鉢植えの植替えをしてやらないと、鉢の中いっぱいに根が張ってきた状態となりその後、水やりをしても元気がなくしおれてしまいますね。

 

これは根詰まりとなっており養分や酸素の吸収が悪くなってしまったためです。こうなるまえに鉢植えの植替えが必要となってきます。

 

時期としては、鉢植えの場合は毎年春の4〜5月、観葉植物は夏までに植え替えるようにします。

 

鉢植え植替え時期は、植物の種類や住んでいる地域によっても若干変わってきますので、育てている植物については園芸店で確認しましょう。

 

ガーデニングを楽しむために春の花などポット苗を購入したとき、すでに花やつぼみがついているものを鉢植えに植え替える場合には、根を痛めないよう気をつけてください。

 


鉢植えの植替え方法

鉢植えの植替え方法はどんな植物であっても基本は同じです。

 

鉢はそれまで植えていたものより一回り大きいものを用意します。大きすぎると根腐れの原因にもなりますし、できれば同じ鉢の形のほうがなじみよいようです。

 

やさしく植物を抜き取った後、固くなっている土や枯れている根は取り除いてやります。

 

鉢植えの植替え用の鉢の鉢穴にネットを敷き、水はけ、通気性のよい赤玉土を鉢底に敷きます。

 

植え替えるときの土は、できれば以前に植え替えたときに使った同じ土を使用するのがよいのですが、市販されている配合土は、鉢植えの条件にあった培養土の割合を含んだものなので安心して利用できます。

 

まず土を少し入れて植物を置き、鉢の縁より3cmほど下まで土を入れます。
植え替えた直後に、たっぷりと鉢穴から水が流れ出るくらいまで水遣りをしてあげましょう。

 

植替え後の一週間は半日陰の場所で管理し、また一ヶ月ほどは肥料は与えないでおくことで新しい土になじむことができます。

 

鉢植えでは肥料の与え方も大切です。植物が弱っているときなど肥料は与えないで元気な生長期のときに。室内の観葉植物の鉢植えなどには固形の置き肥を与えておくと、みずやりの度に少しずつ溶けていくタイプがおすすめです。

 

鉢植えの水遣り

鉢植えの育て方で大切なのは水遣りと日光です。

 

鉢花はほとんど日光が必要です。室内では日当たりの良い窓際に置くようにしましょう。

 

観葉植物の場合は直射日光の当たらない明るい場所に置きます。

 

水遣りは鉢土の表面が乾いたら底から水が流れ出るくらいの水を与えてください。