土鍋の手入れ 焦げの落とし方

土鍋の手入れ方法

土鍋,手入れ,おかゆ,初めて,焦げ,落とし方,修復,方法,割れる

土鍋は鍋料理だけでなく、ご飯を炊くのにも使える便利な調理用具です。

 

厚みもあって丈夫そうな土鍋だけど、急激な温度差に弱いって知ってましたか?

 

長く使っていくためにも土鍋の手入れの基本や焦げついたときの落とし方を紹介します。

 

新しい土鍋の使い方

新しい土鍋を初めて使うときは、まずおかゆを炊いてひび割れを防ぎます。お粥は陶器の細かい穴を塞ぐので、ヒビ割れの予防になり、割れにくくなります。

 

鍋に1合の米と7分目の水を入れて炊き、お粥状になったら鍋を洗います。この方法は小さなヒビができたときの修復にもなるので覚えておきましょう。

 

土鍋の手入れ方法

土鍋は温度差に弱いので、空焚きなどして急激に温度が変わると簡単に割れることがあります。底が濡れたまま火にかけない、熱いうちに濡れ布巾の上にのせない、空焚きはしないように注意しましょう。

 

土鍋を使用したあと、長期間しまうときは、完全に乾燥させてからが鉄則です。乾燥が不十分だと割れやカビの原因になってしまうので、一晩はタオルの上に伏せておくようにします。

 

流しの下は湿気がたまりやすいので、土鍋を長期間保管するときは、箱に入れて吊戸棚などの高い場所に保管します。

 

鍋の焦げの落とし方

鍋が焦げついたときは、土鍋に水を入れて沸騰させると簡単に取ることができます。湯が冷めたら、焦げを木べらでこそぎ落とし、スポンジでこすり洗いをします。焦げ付きはなるべく早く処理しておきましょう。